-ピアノの調律

2009年7月アーカイブ

ピアノ調律の料金は、家庭用のピアノなら、アップライトで12,000円前後、グランドピアノで15,000円前後(いずれも定期的な調律が年1回以上なされている場合)が相場のようです。
とはいえ、物価高の昨今、よほどお金が余っているのでない限り、何でもできるだけ安く済ませたいと思うのが人間というもの。ピアノ調律は毎年必要なものですから、料金は安くあげたいですね。
ピアノ調律の料金は、業者によっても変わってきます。一般的には、自営の調律事務所が最も料金が安く、次いで一般楽器店、そして大手ピアノメーカー直営楽器店が最も高くなっています。とはいえ、自営の調律事務所は腕もピンキリで、中には詐欺まがいのところすらあるので、注意が必要です(もちろん良心的で腕もいいところもたくさんありますが)。
ピアノ調律は、車でいったら車検のようなもの。ピアノ調律は、単なる音あわせではなく、ピアノの故障や不調のチェックも兼ねています。ピアノ調律の料金、安いにこしたことはありませんが、くれぐれもケチることのないようにしたいものです。

ピアノ調律は、通常はピアノ調律師に依頼するもの。よって、ピアノ調律の際は当然料金というものが発生します。
ピアノ調律にかかる料金は、ピアノの種類やピアノがある場所、ピアノの状態によって若干違いがあります。また、ピアノ調律師によっても違います。しかし料金の相場はある程度決まっていて、それはだいたい以下のようになっています。
 家庭用
・アップライトピアノ 12,000円前後
・グランドピアノ 15,000円前後
上記の価格は、年1回以上の定期的な調律をしているピアノに関する料金。何年も調律をしていない場合は、それだけピアノのコンディションが悪くなっているため、それに見合った追加料金を取られるのが普通です。
なお、コンサートホールなどのグランドピアノの場合はピアノ調律料金は割高になり、20,000円台になるようです。さらに、業者によってはピアノ調律料金に加え出張費などを請求される場合もあります。

 

 花キューピット  巻き爪の治し方

ピアノ調律師は、ピアノ調律を専門に行っている人およびその職業のことです。
調律を自分で行う楽器は多いですが、ピアノの場合は、その構造の複雑さゆえ、自分で調律するのはかなり難しいものです。そこで通常は、「ピアノ調律師」と呼ばれる専門家に調律を依頼することになります。
他の業界の例に漏れず、ピアノ調律師においても、腕の良し悪しというものがたしかにあります。しかもピアノ調律師の場合、特に資格試験があるわけでもないので、中には詐欺まがいの商売を行うピアノ調律師さえいるのが現状。ピアノ調律師選びには注意が必要です。
とはいえ、多くのピアノ調律師は、社団法人日本ピアノ調律師協会に入会しています。この入会資格を得るためには、一定の条件・技術が必要なので、この協会に入会しているピアノ調律師を選べばそれほど大きな問題はないでしょう。
ピアノは定期的に調律していれば、ものにもよりますが、数十年~100年は使えるもの。だからこそ、ピアノ調律師は確かな腕を持つ人を選びたいですね。ピアノ調律師を選ぶ際は、以下のサイトが参考になるでしょう。このサイトでは、各ピアノ調律師の評価も見ることができます。
ピアノ調律.net http://www.piano-t.net/

 

 はとバス  家具の賢い選び方

ピアノ調律は、ピアノを持っている限り避けて通れないものと言えます。
プロのピアニストや音大生などがピアノ調律を定期的に行うのは当然ですが、「趣味で弾いているだけだから」とピアノ調律を怠っている人はいませんか? ピアノ調律は、ピアノの音程の狂いを調整する作業であると同時に、ピアノの寿命を長くするという意味合いもあるのです。
ピアノ調律の際は、音あわせをするのと同時に、ピアノの内部を点検することになります。ピアノはご存知のとおり木でできていますから、弦の劣化以外でも、湿度や温度、虫などの影響も避けられません。よって、ピアノを弾かないだけならともかく、ピアノ調律までやめてしまったら、そのピアノの寿命はどんどん短くなってしまいます。逆に定期的にピアノ調律をしていれば、ピアノは子や孫の代まで使い続けることが可能です。
末長くピアノを使いたいなら、ピアノ調律は定期的に行うべきでしょう。

 

 バストアップ  バスフィッシングはイマカツのジャバロンハード

ピアノ調律

| コメント(0) | トラックバック(0)

ピアノ調律は、ピアノを快適に使い続けるために不可欠なメンテナンスです。
ピアノは、鍵盤によって動かすハンマーで弦を叩いて音を出すという仕組みになっています。つまりピアノも、厳密には弦楽器の一種というわけ。そして弦楽器は、様々な条件により、時間が経つと、弦が緩んで音色が変わってしまいます。そこでピアノ調律が必要になってくるわけです。
ピアノは他の楽器とは違い、とても複雑な作りになっています。よってピアノ調律も、ギターなどとは違い、通常は演奏者自らでは行わず、「ピアノ調律師」と呼ばれる専門家に依頼することになります。
ピアノ調律は当然お金がかかりますが、そう時間がかかるものではありません。いつまでも美しい音色を保つためにも、ピアノ調律は定期的に行いましょう。

 

 マリークヮント  レンタルウエディングドレス
カテゴリー
更新履歴
ピアノ調律の料金をお安く(2009年7月 3日)
ピアノ調律の料金の相場(2009年7月 3日)
ピアノ調律師選び(2009年7月 3日)
ピアノ調律の必要性(2009年7月 3日)
ピアノ調律(2009年7月 3日)
カテゴリー
更新履歴
ピアノ調律の料金をお安く(2009年7月 3日)
ピアノ調律の料金の相場(2009年7月 3日)
ピアノ調律師選び(2009年7月 3日)
ピアノ調律の必要性(2009年7月 3日)
ピアノ調律(2009年7月 3日)